子育て、料理など


by zhihui-jiayou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一ヶ月検診

一ヶ月検診に行ってまいりました。
赤ちゃんはとても順調だそうです。とりあえずほっとしました。
しかし、そこであることが判明!!

旦那さんが健康保険の手続きをしてなかったのです!!
前に聞いたら、「名前をかいておけばいいって」と言ってたので
会社の印鑑とかなくてもいいんだと思って書いておいたら
病院でまだ手続きされてないそうですよと言われました。

もう一ヶ月もたつのに!!

のんきすぎるのにもほどがあります。
私ももっときちんと確認すべきでした。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-30 23:20

お宮参り

宮参りに行ってきました。
急に気温が秋らしくなり、絶好のお宮参り日和?でした。
結構人数も多く、祝詞を聞いていると6月とか7月の誕生日の
お子さんも多く、涼しくなるのをみんな待ってたんだなあと思いました。
でも、祝詞を聞くまで同じぐらいの生まれ月だと思ってたんですよね。
だってうちの子よりほとんどの子が小さい!!

今回は一緒に祈祷を受けたのは、ほとんどお宮参りで
一組だけ七五三の双子の女の子がいました。
その妹のほうは神殿に入った瞬間に、外にいく、あっちにいく!!と
泣き叫び始め、そのうちに、ここ、怖いよーといいだし、
なんか見えてるのかな?と少しぞーっとしました。
確かに神殿の奥のほうは暗くて不気味な感じがしないでもないですが。

そこの神社ではお宮参りの赤ちゃんは、最後に左右二つのベッド?みたいのに
一人ずつ寝かされ、むにゃむにゃと祈祷され、鈴をしゃんしゃん鳴らされます。

不思議なことに鈴がなると、顔を真っ赤にして泣き叫んでいた子でも
泣き止むんですよね。驚いているだけなのかな?

最後にいろいろいただいて、お神酒をもらって終わりでした。
初穂料は一万円からでしたが、結構いろいろ記念にいただき、
お食い始めのお椀セットまで入ってました。
初穂料三万円ってのもありましたが、お椀が漆だったりするんでしょうか?
一度聞いてみたいものです。

とにかく無事にすんでやれやれです。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-27 17:16

波打ち際の蛍-島本理生

波打ち際の蛍
島本 理生 / / 角川グループパブリッシング
スコア選択: ★★


波打ち際の蛍  島本理生著
ちょっと心が疲れている女の子の恋の話、かな。
すごく心の揺れとかが伝わってきて、引き込まれるのですが・・・

自分もちょっと疲れてるせいか、この子が実際身近にいたら
好きになれないだろうな、などと冷静に考えてしまう。
多分この子がかわいいから、出会いもあるんだよ、とか
か弱く見えると、誰かが助けてくれると思ってるんだよね、とか
かなり意地悪な考えをしてしまう。

でも、実際いる子のように考えてしまうのは
筆者のすごさかな?
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-25 11:57 | 読書記
上を向いて歩こう
ヒキタ クニオ / / 講談社
スコア選択: ★★★★★


上を向いて歩こう  ヒキタクニオ著

この著者の本は私の中では、好き嫌いが分かれるが
これは好きなほう。
一軒の店を中心として、そこに訪れるお客様にまつわる話。
テーマは「親父」
いろいろな父親が描かれている。
この店主がちょっと昔ダークサイドの人だったこともあり、
普通とは違った一癖ある親父が出てきたりするが、
どんな親父でも、やはり父親は父親。なんか普通。
ほのぼのでもないけど、なんだか読んだあと自分の父親を
思ってしまう本でした。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-24 09:41 | 読書記

産後うつ?

一週間手伝いに来てくれていた母親も帰り、
また孤軍奮闘です。
週末のどちらかは、旦那さんの実家へ行き、
マッサージチェアーを借りながら昼寝をさせてもらうのですが、
起きたときに、ベビちゃんの泣き声にそれをあやすみんなの声
などを聞いていると、疎外感というか・・・
うーん違うな、自分の両親にももっとベビちゃんと触れ合わせてあげたいというか・・・
なんかそんな寂しい気分になってしまいます。

それに旦那さんの態度がちょっと・・・細かいことなんですけどね。
ベビちゃんをお風呂に入れ(平日も自分でやってるから嫌ではない)、
ミルクをやっていると、買い物から帰ってきて
「お風呂の電気つけっ放しだよ!!」
こっちの状況見てからいってよ!!

また、自分は二階へ行きパソコンゲームで遊んできた後で、
「あれ?お風呂入ってないの?」
ベビちゃんほっといて入れないでしょ!!

母乳外来とかちゃんと行って、母乳だけでがんばろうとしてるのに、
泣いてると、
「お腹すいてるんだよ。ミルクあげなよ。」
すみませんね!!おっぱいの出が悪くって!!

などなど。
1番ぶちぎれたのが、今自治会の組長なのですが(年度ごとに回ってくる)
募金を集めなくてはいけなくて、前の日に頼んだら明日行くっていわれ
当日、また頼んだら
「募金なんでしょ?集まらなかったっていえばいいじゃん!」

はいはい、自分で集めに行きました。
疲れ果てて、さすがに夜に、
「一ヶ月検診が終わったら、しばらく実家にいってもいい?」と聞くと
「なんで?ベビちゃんは置いてってね。」

最後の言葉は冗談でいったらしいのですが、デリカシーがないってこのこと。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-22 22:07

母乳外来

産院の母乳外来に行ってきました。
予約制で、一時間みっちりマンツーマンです。

ベビちゃんの体重も順調に増えていて一安心。
まずは乳首の辺りなどをチェックして、少し揉み解し
添い乳で授乳しました。
添い乳は、初体験。添い乳の時はゲップはどうするのか、とか
いろいろ質問できてよかったです。

授乳後のおっぱいのマッサージはめっちゃ痛かったです。
痛いというのは、まだ固いとか、古いお乳が溜まっているからだとか。
定期的に母乳外来にきて、お乳のメンテナンスをするといいらしいです。
マッサージはすごく痛いけど、上を向いて寝ていて
お乳が噴水のように飛び散るさまが驚きでした。

今は夜中などはミルクを少し足してますが、それも必要ないのでは。
母乳だけでがんばってみましょう。ということで今回は終わりました。

夜、だんなさんが帰ってきて報告したのですが・・・なんか納得いかない様子。
さらに、その日も泣き止まないベビちゃんに、ミルクをつくって飲ませてました。

実はミルクを飲ませるのが楽しくてしょうがないみたいなんです。
母乳がでにくくなったらどうするんだよー!!

夜寝かすときも、そのままにしておけば寝ていくから、といっているのに
かまって、さらに目をパッチリさせているし・・・

本人は手伝ってくれているつもりなんだろうけど。困ったちゃんです。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-16 21:25

帝王切開その後

手術(出産)してから、2週間ちょっとたちました。
普通分娩の方の回復ってどのくらいかかるのでしょう?
お腹を切ったのだから、1ヶ月くらいは痛いのかな?と思っていましたが、
すっかり元気です。人間の回復力ってすごい!!

周りの人の反応も、帝王切開というと
普通より回復が遅いから大変でしょ。という人と
切ったのだったら、後も楽ね。という人といろいろ・・・

ただ怖くてまだ風呂に入れません。
もちろんシャワーは浴びてますし、体も洗ってますが
湯船に入ると、しみてお湯が入ってくる気がして・・・ありえないんですけどね。

ベビちゃんはとても元気です。
ただぐずると訳がわからなくて、おろおろしてしまいます。
旦那さんはお乳を飲ませたばかりでも、ぐずると
「お腹がすいているんだよ。」と私が止めるのも聞かず、ミルクを与え
鼻と口からげぼっと吐かれたりしています。
ベビちゃんかわいそう。ごめんなさい。
でもたまには、飲んで満足するときもあるのです。
母乳の量ってわからないからこういうとき悩みます。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-15 21:39

帝王切開手術をうけて

手術室というものに初めて入り緊張していましたが、
看護師さんたちの何気ない雑談、師長さんの髪型がどうとかこうとか・・・
を聞いていると、なんだかリラックスできました。
手術前に患者を前に雑談なんて不謹慎、と感じる人もいるかもしれませんが、
私は、そんなに緊張することないんだなと思えてよかったです。

先生も腰椎麻酔をするためのアルコール?を背中に塗るときも、
先生「今、なんて書いたかわかる?」
私  「・・・“の”ですか?」
先生「正解!!」

なんてやっているし・・・

赤ちゃんが出てきたときに、みんなが口々に「でかい!!」といったのが
印象的でした。
赤ちゃんをきれいにして顔をみせてもらってから全身麻酔。
最初から酸素マスクをしてたのですが、ん?なんか臭い・・・と
思った次の瞬間から記憶がありません。

麻酔から覚めたときは、本当に寝て起きた!という感じで、
パチッと目が覚めて、看護師さんと話もできたし、
手術後の服に着せてもらうときも、自分で袖に腕を通したりしてたら
逆にすごく動けるね!とびっくりされました。

ストレッチャーで病室に運ばれるときに、車酔いみたいになりかけたのが
唯一つらかった点です。

病室に入ってからはなぜかハイテンションで、旦那さんに話しかけていたのを
覚えています。

手術前後で1番つらかったのが、動けないこと!!
上を向いてジッと寝ているのってつらい!!
お年寄りが、床ずれ(じょくそう)になるのがわかる。
カテーテルは特に違和感なかったです。

浣腸は、浣腸してから我慢するのがつらい!!
認知症のお年寄りに、施設でも浣腸をするのですが、
私でも我慢できなかったのに、認知症のお年寄りに
液だけでちゃうから、我慢して!!といっても・・・・無理だよな。というのが
身をもってわかりました。

貴重な体験でした。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-10 18:31

入院中の生活

病院でいただいたスケジュールです。

1日目   8:00 受付
            NST・アレルギーチェック・浣腸・剃毛・シャワー
            点滴・薬服用
 
      13:30 手術室へ
            着替え

      13:45 手術開始
            腰椎麻酔注射・カテーテル

            出産

            全身麻酔

            部屋へ移動・足を圧力をかける機械をつけている
            お腹の上に重し?をのせてある


(ここまでは覚書です)

2日目        点滴・歩行

3日目        点滴

4日目        点滴・洗髪OK・貧血検査・母子同室の開始・授乳指導

5日目        沐浴指導

6日目        退院診察・抜糸(シャワーOK)

7日目        退院


結構忙しかったです。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-06 23:02

無事出産しました

今日自宅へ帰ってきました。

3400gの女の子を出産しました。
初めての出産、初めての手術。
貴重な体験をたくさんしました。
おいおい更新していきたいと思います。
[PR]
by zhihui-jiayou | 2008-09-04 23:00